東日本大震災避難者生活ブログ .....  がんばろう双葉      

★現在、双葉町避難者生活情報サイト
情報環境ボランティア 代表 尾形彰宏
「がんばろう双葉」
設営



最近の記事
除染、放射線防護・服、放射性廃 ..

2012年辰年、新春明けましておめ ..

9月16日 放射線障害防止関連の提 ..

福島県白河市、6月26日OPENした、 ..

いわき市のお盆の祭、七夕まつり ..

7月23日 相馬野馬追取材にて 相 ..

7月16日 東北六魂祭に行ってきま ..

6月11日 6月7日のVIDEO映像 ..

6月10日、現場作業者の作業安全と ..

6月7日、警戒区域への公益目的一 ..

最近のコメント
ふたばくん on 2009年丑年、初日の出、ダルマ市 ..

過去ログ
2012年 1月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2009年12月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
最近のトラックバック
除染、放射線防護・服、放射性廃棄物中間貯蔵施設設計デザイン について
 昨年12月は、双葉郡内の除染の為の放射線測定を仕事にしていました。
広野町は、おおよそ大丈夫な年間放射線積算量20mSv/year以下ですが、
楢葉町は、ところによっては8μSv/h以上のところもあり、
年間50mSv/year以下ではありますが除染が不可欠だと感じました。
12月下旬から28日までは、大熊町夫沢での測定除染活動に参加
通常の居住区域として、田畑が50から80μSv/hで、林の中などは150μSv/h
民家道路でも20μSv/h以上と、かなり高く感じました。今後の除染方法が
大変気になるところですが、大熊町役場周辺は、3μSv/h以下で、
新たな除染効果が大きく出ていました。

除染方法についてですが、今現在、効果的な方法として、
 1)粘土質を含んだ泥水+表面活性剤+キレート剤(ママレモン)の混合液
   によるブラッシング洗浄(アスファルト道路など)。
 2)高圧洗浄(中型150kp以上)。または、ブラスト吹きかけ洗浄。
 3)除染された汚水処理をU字溝を通じ、袋に入れたもみ殻でろ過する。
 4)表面土壌の5cm以上の削除。
など、道路、建造物で、5割以上の結果を出しています。

しかし、草むら、林、森などは、まだ具体的手法が見えていず、今後の数々の
実証試験が待たれ、今年の夏までに、新たな結果が期待されます。

私が昨年提案した、放射線防護・防護服開発と中間貯蔵施設設計提案も
年末に、帝人化成、住友3M、SONY、東芝、東京電力などを訪問しました。
5月から夏にかけて訪問した企業、サイバーダイン社、日本タングステン、
グンゼ(東邦金属合同研究開発)、保科製作所(防護服開発製造)など合わせると
9社ととなり、今年8月までの試作品完成を目指し、働きかけていく予定です。

 http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/20111122/teian.pdf

それでは、また進展やニュースがありましたら報告・取材レポートします。

by 尾形彰宏 ¦ 17:18, Tuesday, Jan 03, 2012 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


2012年辰年、新春明けましておめでとうございます。
 福島県いわき市の波立海岸にて、初日の出を撮影いたしました。
東北地方南部が唯一、初日の出が見れる場所でした。
当日は中通り地方からもたくさんの見学者が訪れていました。
今年は、復興・復旧が現実的に始まる年ですね。
水平線から出た太陽はまるでルビーのように輝いていました。

今年は良い年でありますように願うばかりです。
a01

a02

a03

by 尾形彰宏 ¦ 01:00, Tuesday, Jan 03, 2012 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


9月16日 放射線障害防止関連の提案
原発事故の収束にむけて,放射線障害防止の為に、2011年9月16日現在
  事故以来、放射能汚染が継続している現在。

1.環境汚染一般市民対策

  (自然汚染除去)
    -1)台風による自然除染、地面浸透と海への流出と拡散。
    -2)家、道路、施設の人海戦術的高圧水洗除染。
   -3)田畑、公共施設、自宅の表土1cmの削除
    研究成果で、表土除去95%>水洗浄36%>>>ひまわり植樹)0.002%
  (食)
  -1)ヨウ素I131対策は、
    ヨウ素剤投与か、
    自然摂取でとろろ昆布、ワカメの味噌汁。
  -2)セシウムCs137対策は、
    プルシアンブルー剤投与か
    自然摂取でカリウムを多く含む食材の摂取。牛乳と納豆など
    - 総じてスポーツ飲料でもいいのでは Ca、K含有

2.原発業務従事者への対策
  
  (1mSv/H以上の現場環境での、労働作業の安全と効率化のため)
  -1)牛乳の摂取(熱中症、放射線障害防止のため)
  -2)放射線遮蔽の為のタングステン素材(日本タングステン株式会社/福岡市)を用いた、
    ロボットスーツ内蔵(サイバーダイン株式会社/つくば市)の防護服の開発運用

   http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/giin/blog.cgi/permalink/20110511223152

3.放射線廃棄物の中間貯蔵問題

  (東京電力敷地内か近隣町村国有地への埋蔵施設にあって)
  -1)太陽光発電と蛍光発電パネル(放射線検出蛍光プラスチック((帝人化成)とアモルファス型蛍光発電パネル)
   を組合せた施設下に、廃棄物埋蔵。

   http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/syobunnjyou01.gif

以上が私の提案です。

by 尾形彰宏 ¦ 16:32, Friday, Sep 16, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


8月16日 福島県白河市、6月26日OPENした、中町小路「楽蔵」に行ってきました。
双葉町仮設住宅建設地、白河市。
母がこの地の、特別養護老人ホーム施設「太陽の国さつき荘」にいるので、様子を見に行ってきました。
ついでに、最近できた観光施設にも立ち寄ってきました。

 http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/20110816/

車は、駅前近くの公営駐車場がGOOD!

by 尾形彰宏 ¦ 15:36, Wednesday, Aug 17, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


8月15日 いわき市のお盆の祭、七夕まつり、じゃんがら踊り、そして回転櫓盆踊り。
復興が急がれるいわき市。
いわき市内郷の白水阿弥陀堂で行われた「神楽奉納、じゃんがら踊り」

http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/20110805/1/

いわき市平の中央商店街で行われた「七夕まつり」

http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/20110806/1/

そして、同じくいわき市内郷で行われた「回転櫓盆踊り」

http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/20110814/

を取材しました。

by 尾形彰宏 ¦ 15:28, Wednesday, Aug 17, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


7月23日 相馬野馬追取材にて 相馬市、南相馬市に行きました。
東日本大震災の爪痕もいまだ癒されない相馬市、南相馬市。
しかし、相馬野馬追は、祭という字を除いて、力強く行われました。

 相馬野馬追 レポート http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/20110723/01/

by 尾形彰宏 ¦ 23:36, Sunday, Jul 31, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


7月16日 東北六魂祭に行ってきました。
東北六魂祭に行ってきました。
今回が初めての、東北六県の祭でしたが、当初予想5万人を上回り13万人の人出も重なり、安全のため、秋田竿灯、青森ねぶたの参加が展示のみとなり残念でした。
当日は日差しが強く、夏らしい暑さでしたが、パレードのある定禅寺通りは、踊り子の舞台さえ、通行人の通り道になってしまい最悪状態でした。
やはり、祭は地元で見るものですね。

 祭レポート  http://www.newcs.futaba.fukushima.jp/20110716/20110716-1/ 

100807

by 尾形彰宏 ¦ 19:44, Saturday, Jul 30, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


6月11日 6月7日のVIDEO映像です。
双葉地方警戒区域での、公益目的の一時帰宅にて、浪江町から浜街道双葉町役場、街中そして駅前と撮影しました。
今回は、YOUTUBEにアップしました。

1、浪江町請戸地区

2、浜街道から双葉海浜公園

3、浜街道から双葉工業団地、そして、双葉町役場、街内、双葉駅

by 尾形彰宏 ¦ 23:38, Saturday, Jun 11, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


6月10日、現場作業者の作業安全と効率を高めるための提案です。
原発事故収束に向けた提案を、株式会社インターネット総合研究所サイトに登録しました。

原発事故の収束に向けて

原発事故が発生してから早3ヶ月。
東京電力では、事故の収束に向けて、行程表が作られたが
建屋内にととばらず、ガレキや汚染水の放射線量が強かったりと、
思うように作業が進んでいない。やはり、安全を優先するなら
放射能対策を施すことは必須である。
また、作業の安全性を高めるためにも、防護服の改善も必要である。
現実的にきめ細かな作業には、人間による作業が欠かせない。
実際、私も、今回の第一原発の作業に従事したが、簡単な作業も
電気照明も、エレベーターも使えない環境での作業は、現在の
防護服のままでは、重労働である。
 今回は、全国のみならず、海外での原発事故に備え、
いや、中長期的に見ても、作業者の安全と、作業効率を高めるため
放射線防護という観点から、改善推進することを提言する内容です。

1.牛乳飲料の摂取。
  作業者のみならず、一般の人々にも薦めたい。
  独立行政法人 放射線医学総合研究所
  平成18年11月28日プレス発表
  「牛乳などに含まれるラクトフェリンに放射線防護効果を確認
  被ばく障害の安価な予防薬、治療薬として有望」

2.放射線防護性の高い防護服
  1)現在は、米国のシールドテクノロジーズ社の「デムロン」が
   原発事故後、東京電力に200着寄付したのは、テレビでも報道
   されていましたが、いまだ現場では見かけません。
   放射線防護は最大3割ほどだからでしょうか。
  2)中長期的に見ても、国内の繊維業界。防護服製造・販売業界
   の協力を得て、国内外で通用する防護服を開発します。
    おそらく、鉛など入り、総重量が20kg以上になるでしょうが
   構いません。
   その理由は、次の3で説明します。
  3)防護服は、除染して何度も使用します。

 参考資料 http://www.youtube.com/watch?v=TxJa3iLLdiA

3.重作業に対応した、サポートスーツ(国産で筑波のサイバーダイン社)
  を、上記の防護服の中に、装着する。
  1)現在は、障害者支援のサポートスーツですが、
    HAL5は、60kgの米袋も10kg以下に感じさせる性能を持っている。
    これを、重作業用に、コンパクトに改良させる。
  2)作業者は、個人用の設定(フィッティング)をしなければならず
    3ヶ月は使用して欲しい。
 
 参考資料 http://www.cyberdyne.jp/

以上、現場作業者の作業安全と効率を高めるための提案です。

by 尾形彰宏 ¦ 20:10, Friday, Jun 10, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


6月7日、警戒区域への公益目的一時立入 双葉町自宅事務所と浜街道から双葉町内。
(( 写真編 )) - ビデオ編は後日!
今日は、自宅事務所内のPC、プリンター、資料の搬出を行いました。事前に提出した申請書に、同行者2名を記載し、当日の工程表も添えての、一時立入でした。
本当は、5月30日予定でしたが、台風2号の影響で、この日にずれてしまいました。午前10時に、広野町中央体育館にて、待ち合わせをしましたが、この日は、楢葉町の一時立入もあったので、体育館上の、中央公園駐車場で防護服に着替え、国道六号線Jヴィレッジ前の検問所を車2台で通過、そのまま6月6日と同じように、双葉町に入りました。前日6日の一時立入で予め今日の持ち出し品を準備しておいたので、あとは、壊れた玄関前の椅子に、並べて、ガイガーカウンターによる放射線量汚染具合の計測をした後、ビニール袋に封入、車の後部座席に詰め込みました。本当は、まだ重要な手帳などあったのですが、半壊した家の中では、衣料とか書籍資料とかが、ごちゃごちゃに重なって、探しても制約時間に追われ断念せざるをえませんでした。
 さて、帰りは予め余裕を見て、浪江町から請戸漁港地区経由で、浜街道、双葉工業団地、双葉町役場、双葉駅と撮影に入り、国道六号線で、広野町の中央公園に戻り、防護服を脱ぎ捨て、スクリーニング・除染をするために、いわき保健所に向かいました。しかし、保健所では、脱ぎ捨てた防護服類の処分が問題になり、安全・保安院からの出向職員のご指導で、なんとか無事一日の作業が終わりました。やはり、町村と福島県が、もっと明確かつ適切な、スクリーニング、除染を、この公益目的立入にも適用するよう、Jヴィレッジなり、広野町中央体育館なりを使って、行ってくれるよう要望することになりました。

 >>> 浪江町請戸から、浜街道、双葉海浜公園、双葉町工業団地、双葉町役場、双葉駅でのスナップ風景 <<<

1.請戸地区は、海岸・住宅地域から西の2kmの田圃まで、津波被害で、がれきの山でした。想像を超える悲惨な状況でした。
2.浜街道から見える双葉町中浜地域もすっかり、平地に様変わり、赤茶けた竹林が、かすかに見える程度でした。
3.双葉海浜公園、松林は毅然と立ったままでした、しかし、第二キャンプ場は、道がない状態で、残念ながら確認できませんでした。野犬が3匹うろついていて、長い舌を出しながら近寄ってくるので、空腹の様子が感じられるものの、食べ物も持っていなかったので、かわいそうですが、狂犬病の可能性もあるので、車外に出るのを止めました。
4.双葉工業団地、見た目は変わらずも、道路はいたるところで、寸断亀裂状態でした。
5.双葉町役場、異常なし、しかし、放射線量が6マイクロsV/hを示していました。思ったほど高くはない状態でした。
6.双葉駅は、放射線量が2.9マイクロsV/hでした。

2011060701201106070220110607032011060704201106070520110607062011060707201106070820110607092011060710

by 尾形彰宏 ¦ 19:24, Thursday, Jun 09, 2011 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


△ページのトップへ
 

ログイン
保存
カレンダー
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29
30 31        
携帯で読む
   URLを携帯に送る
アクセス解析
本日   4
昨日   4
累計   33786
ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

Powered by CGI RESCUE